代表・顧問

代表 矢野 明(やの あきら)
経歴 昭和50年スポーツハイツにコーチとして就任
昭和55年より27年間、指導部長として勤務
平成19年スポーツハイツ運営会社、㈱スリーループ取締役に就任
平成20年同社代表取締役に就任

○スイミングクラブ協会が主催する、職業コーチを対象とした"安全水泳講習会"の講師として歴任
功績を認められ"JSCA優良指導者表彰ブルーウェーブ金賞"を受賞

○江ノ島で毎年行われる、日本赤十字社の水上安全法救助員養成講習会の指導員として長らく勤め、
"日本赤十字社銀色有功章"を受章
特別顧問である景山氏も当時の教え子である

○スポーツハイツにおいてライフガードクラスを創設
○"RLSSAスイム&サバイブ"プログラムとスポーツハイツカリュキュラムを融合し、
独自の現行プログラムを構築し、景山氏と共に普及に努める
資格 (社)日本スイミングクラブ協会認定 安全水泳法講師
(社)日本スイミングクラブ協会公認 A級水泳教師
(社)日本スイミングクラブ協会公認 AA級アクアフィットネスインストラクター
日本赤十字社 水上安全法指導員
日本赤十字社 救急法指導員
RLSSA(Royal Life Saving Society of Australia)
ジュニアライフセービングインストラクター
代表 景山 紀治(かげやま のりはる)
経歴 幼少より、スポーツハイツにて選手コースに在籍
卒業後、日本赤十字社の指導員として後進の教育にあたる

○日本赤十字社主催の"水上安全法救助員養成講習会"の指導
ならびに地域の心肺蘇生法・水上安全教育の普及活動に力を入れる

○ライフセービングの本場、オーストラリアに渡り、
RLSSA(Royal Life Saving Society of Australia)
のレベル2トレーナーの資格を日本で3番目に取得
その後、スポーツハイツにおいて、"RLSSAスイム&サバイブ"プログラムに貢献
現在はスポーツハイツ顧問として、当社スタッフの"ジュニアライフセービングインストラクター"の養成講習を監修
資格 RLSSA(Royal Life Saving Society of Australia)レベル2トレーナー
日本赤十字社 水上安全法指導員
代表 大方 孝(おおかた たかし)
経歴 (有)アクアヘルスコミュニケーションズ 代表取締役
肥満改善プログラムの開発や、高齢者への介護予防・転倒予防・機能改善など
の水中運動プログラム開発に力をいれ、公共施設・民間施設の水中運動教室を多数受託している。

日本全国いきいき元気運動推進!!「鍛えて筋肉!骨・骨・貯筋!」寝たきりゼロをめざします。

企業アドバイザーとしても活躍しており、社員研修・講演・指導員養成講習会などでシニアマーケッティングから
指導まで幅広く活躍中の、スポーツハイツのプランニングアドバイザーである。
資格 健康運動指導士
(社)日本スイミングクラブ協会関東支部理事
(社)日本スイミングクラブ協会認定講師
(社)日本スイミングクラブ協会公認 アクアフィットネスAA級インストラクター
プール衛生管理者
(財)日本体育協会公認水泳教師
東京都広域スポーツセンタークラブマネージャー
日本水泳・水中運動学会会員
入会のご案内